So-net無料ブログ作成
検索選択
ボストン ブログトップ

こちらにきてもうすぐ半年 [ボストン]

こちらにきたのが8月の終わり、もうすぐ半年になります。

こちらにきて新しい場所で研究したり、勉強したり、いろいろな人にあったりで
あっという間ですね。

この半年でいろいろなことを感じましたが、
いくつかここに書くと、

Media Labは何でもできるすばらしく自由、とにかく楽しい場所

学生はみなResearch Assistantとして入学する前に研究グループが決まり、
そこで研究をしています(その報酬として学費、生活費のサポートを受ける)。
RAとしての研究が自分の興味とマッチしているものならば、それに没頭することもできるし
ほかにもやりたいことがあればそれも尊重してくれる。やりたいことがあれば
自由にものづくり、ソフトウェアづくり、基礎研究、表現、することができる。
授業もコアの授業があるわけではなく、自分の好きなもの、研究に沿ってとることができる。

●いろいろなバックグランドの人が集まっていて面白い

これは初日のオリエンテーションでもそうだったが、
バックグランドがみんなばらばら(初日に一人一人が自分がほかの人に教えられることを
一個ずつ黒板にかいて、くじをひいて、自分が習いたいことを選んでいって、
自分が教える、かつ学ぼうというのをやったときもプログラミングから絵の描き方、
ハードウェア、料理などいろいろあった)
Computer Science, Mechanical engineering, music, design, art, HCI、ビジネスなどなど
いろいろ。
興味がいろいろちらばっていたり、得意分野が違ったりで、
ラボでも授業でも化学反応が起きている。

●スポンサー企業とのつながりがあり、実世界を感じながら研究ができる
企業のスポンサーシップによって成り立っており、毎日のようにラボには
スポンサーの訪問がある。デモをする機会も多くて、ラボにはデモ用の機材や展示物が
いたるところに転がっている。春と秋にはスポンサーウィークがあって、
スポンサーのかたがたに、研究の成果を紹介する。
1月の頭に東京でもスポンサーイベントがあり、私も参加させていただいた。
スポンサー企業を訪問をして、デモをしたり、ブレストに参加したり。

研究のニーズを考えるきっかけにもなるし、ビジネスの方向性を考えるきっかけにもなる。

アメリカ大学はよく勉強させるし、学生もよく勉強する
これは一番びっくりしたことかもしれない。宿題が多いとは聞いていたけれど、
確かに多い。けれでも、アルゴリズムを自分で実装させたり、実用的な問題だったり、実際回路を自分で組んだり、論文を読んで、クリティカルレビューを書いたり、、

中間試験と期末試験、あとは最後の数週間でFinal Projectを行う科目もある。
授業で学んだことを使って、何ができるか、何に役立つのかを身につけることができる。
実際の研究で使っているデータに適用したり、ものをつくったり、実験を提案したり。
(Media Labの授業はtheoryよりもpracticalな面を重視している(EECSの授業だともっとtheoryをたくさんやるようだ)

●ボストンはいろいろな大学が集まり、面白い人がたくさん集まっている

●ボストンはやはり寒い。-20度とかになる日もある。
けれど、毎日雪なわけでもなく、晴れたり、雪が降ったり、
雨がふったり、あたたかかったり、ころころ変わる。車がなくて生活できるのはよい。
MA州はお酒を飲むのに必ずIDをもっていないとだめ。厳しい。

こちらに来る前は、
日本での会社での研究も楽しかったし、こちらにこようかどうか非常に迷ったけど
来てみたら、やはり想像以上に楽しかった。海外の大学院じゃなくて日本の大学院で
勉強してもいいのではないかとアドバイスをもらったこともあったけど、もちろん
日本の大学院でもいろいろ学べると思うけど、世界のいろいろなところからきている
さまざまなバックグランドを持った人に会える、日本とは異なる文化(生活の上でも
研究をする上でも、大学のシステム上でも)に触れられる。やはり、自分の肌で
体験するのが何よりに思いました。
休職を特別に認めてくださった会社にも非常に感謝しています。
コメント(2) 

春学期開始 [ボストン]

12月の半ばに学期が終わって、冬休みへ。
南米で2週間過ごして、年明け、
1週間ボストンで、その後、MediaLabのスポンサーイベント東京であり、1週間帰国して
またボストンに戻ってきました。

南米はペルー、ボリビア、チリをまわりました。
adventurousな旅行で楽しかったです。

東京では、イベントとスポンサー企業訪問。
忙しかったですが、多くの方とお会いして、研究紹介、デモをして、
いい経験でした。
東京にも帰れて、便利さを満喫しました。

1月はIndependent Activity Periodという学期外の活動があり、
レゴブロックをつかって自律ロボットをつくるロボコンのクラスと
health innovationというヘルスケアに関するプロジェクトに参加していました。

そして2月、春学期が始まりました。

年末からボストンではSnow Stormが頻繁にきています。
今年は特に多いみたいです。
街では雪がつみあげられてすごい高さになっています。
コメント(4) 

日も短くなって、寒くなってきた [ボストン]

11月にはいって、すっかり寒くなってきました。
どんよりとした曇りや雨が続いて、ようやく今日は晴れました。

9月から4件の日本からのボストン訪問がありましたが、昨日でひと段落かな。
暖かくなるまではみんな来ないかもしれませんね。

昨日ハーバードでの授業が17時に終わって、帰ってくるときに、
9月には17時の時点で明るかったのに、今ではすっかり真っ暗になっていました。

気温も最高で10度以下になって、夜は冷え込んで零下になってきました。
厚いダウンコートスノーブーツを準備しなくては。
サンクスギビングのセールを待とうと思っていますが、今日は下見で久々に
ショッピングに行ってきました。

セメスターも半分を過ぎて、中間試験が10月の半ばから終わりにかけて行われ、
あと1ヶ月。早いものですね。
今3つの授業をとっているのですが、
授業や宿題のペースにもずいぶん慣れてきて、少し余裕がでてきました。
セメスターの終わりに向けて、Final Projectをしたり、プレゼンをしたりが続きます。

9月からちょこちょこ祭日があって、今日もVeteran's dayでお休みでした。
こちらにきてから、休みが非常にありがたく感じます。
平日、週末の区別なく、毎日、宿題や研究でかなり詰め込んで
作業をしているので、休みがあると少し余裕がでてかなりうれしいです。

コメント(0) 

ボストン生活セットアップ記録 [ボストン]

ボストン生活セットアップの記録。

ボストンについて、空港からGraduate student counsilがシャトルを出してくれていたので、
寮に到着。
寮は非常に新しく、きれい!
ついてその瞬間からネットがつながるのはうれしい。

●台所用品、生活用品

日本からは菜箸、お箸セット、レンジでお魚が焼けるお皿を持ってきた。
寮の近くのCentralSq.ですぐ必要なマグカップ、お皿数枚を購入。
CVSでタッパー、洗剤など。

日本のように一箇所行けばすべてそろうようなところがなく、暑い中探し回るのは大変。
Coopにもいろいろ生活用品がそろっている。

日本人コミュニティのBBSでおなべ、フライパン、包丁、食器、調理道具、
そして炊飯器などを3箇所からゆずっていただきました。
大変助かりました!

ブランケットやまくら、シーツもCoopやCentralSq,あるいはギャラリアでそろえた。

●食料品

一番近くのスーパーであるStar Marketに何があるのかを見てから、
近くのアジアンショップも散策。
そしてボストンのスーパー88に行ったら広くていろいろあったので、重かったけど
調味料(お味噌、しょうゆ、みりん、酢、ポン酢、ソース、オイスターソース)、などを
2回に分けて購入。

●その他感想

ボストンにはだいたいのものがあると聞いていただけれどもそれは本当だった!
日本で買うよりもちょっと高いけれども、調味料や食料品がちゃんとそろっています。
先日サマビルのreliable marketにいって、お刺身やお菓子をさらにいろいろ見つけてうれしかったです。
車がなくても、一応地下鉄やバスでアクセスできるところで、いろいろ手に入るので
問題はありません。

矯正のリテイナー用の洗浄タブレットも日本から持ってきたけど、こちらのCVSで売ってますね。
ほかに日本から持ってきたものは、イソジン、文房具(こちらのものはあまり質がよくないので)、
日本食グッズたくさん(えびせん、駄菓子、梅、ごはんですよ、おもち、あんこいりおもち、お茶漬けのもと、つくだに、水羊羹などなど肉エキスが入っていないもの)、本類、足つぼグッズ。
コメント(1) 

秋→冬 [ボストン]

10月に入ってからは寒い日が続いています。最高15度くらい。
フリースを着たり、晴れ用と雨用のブースを購入したり、
日々防寒グッズを追加投入しています。

8月の終わりー9月の頭にかけては、日差しが日本以上に
強い日があって、毎日帽子が必須だったのですが、
その後は、寒くなったり、暑くなったり。

外の気温にあわせてか、最近は校舎内の冷房が緩んできた。
ちょうどよい感じです。
ついこの間までは、冷房がどこも効きすぎて、カーディガンや上着を羽織っていても
凍り付いていました。こっちにきてからスカートをはく機会がほとんどなく。
それなのに、短パンTシャツノースリーブで快適そうにしている人たちもいて、
彼らの体感温度はどうなってるのだろうかと驚くことが多いです。

日本からダウンとコートをもってきたけど、それでは冬を乗り切れないかな。。。
ルームメートのインド人とどうやって冬を乗り切るか相談をしています。

コメント(2) 
ボストン ブログトップ
東京→ボストン 2010年夏からはアメリカ、ボストンにて大学院生をやっています。MIT Media Lab Affective Computing Group所属。 大学生活や研究、ボストン生活、留学準備、旅行などについて記します。

キロクMIT大学院留学ブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。