So-net無料ブログ作成

暗闇ごはん [media]

DSCF5866.jpg

~~~~~~暗闇ごはん~~~~~~

日常では体験することのできない真の暗闇。完全に視覚を奪われた中で、
残された嗅覚、味覚、聴覚、触覚をフル回転させるためには、
ものを食べるという行為が大いに効果的です。
また、お寺という非日常の空間で、顔の見えない相手とひとつの食卓を
共にすることも、暗闇ごはんを体験する人の想像力を多分に刺激することでしょう。
お出しする食事はけして豪華なものではありませんが、
暗闇の中でこそ食べて楽しい、食べて驚きのひとときであるよう、
食材や調理にも工夫を凝らしております。

■概略
浅草・緑泉寺で行われている月一度のイベントです。海外で試されている
真っ暗な中で食事をとる「ブラインドレストラン」を、日本の食文化に合わせて
作り上げたイベントです。
明かりを落とした薄暗闇の部屋でアイマスクを着用していただき、
完全に視覚を奪われた状況を作り出します。
そして、イベントご参加の注意点など簡単な説明のあと、
料理が一品ずつ運ばれます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

(以上 http://www.higan.net/blog/event/ より引用)

浅草の緑泉寺にて何も見えない状態でご飯をいただく
暗闇ごはんのイベントにいってきました!
お寺が多く、しかも予想外にモダンなお寺にたどり着くのに
時間がかかってしまいました

一言でいうとこのイベント、とてもお勧めです!
参加してみたいかもと思われた方にはネタバレに
なってしまうかもなので以下は暗闇ごはんの内容をしりたい方のみお読みください!!

続きを読む


コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

ImprovEverywhere [media]




生でみてみたい!!
というか参加してみたい!!
必見!
コメント(0) 

Uploadするわずらわしさ [media]

ここ3週間ほど,毎日会社に遅くまでいて午前様になっていたので
家に帰ったらお風呂に入って寝るという生活が続いており,
更新が滞っていました.

一段落着いて,通常の生活に戻りました.
ゆっくりお風呂にはいって,寝る前に本を読んだり,テレビを見たり
できる時間があるのはいいなと思いました.

Blogに書きたいなと思うことがたくさんあったので,おってUpしていきます.

が,書きたいなとか伝えたいなと思っている瞬間とか,これ載せたいなと思って
写真をとっている瞬間が必ずあるわけで,それをその日が終わった時に
家で,携帯からデジカメからメモリカードを抜いて,写真をPCに転送して,
サイズを加工して,文を加えてUploadして・・・というのはなんと手間のかかる
行為なんだろう.

載せたい!伝えたい!と思った瞬間に感じていることがまさに生の伝えたいことなのに
時間がたつと色あせていってしまうように思うし,時間たっちゃったからいいやー
という気分になることが多い.

携帯からupすればいいのかなとも思うけど,パケット代が気になる.
定額プランに入ってないし.

時間がないと,家のPCすら起動することがなくなって,携帯でPCの
メールを見ているので,ああ,やっぱり全部携帯でできたらつくづく便利だなと思う.
Wifiも対応の携帯,スマートフォンがほしい.
Qwertyキーボードだけではなくて,普通の携帯キーもほしい.
Qwertyキーボードで早く打てない...英語は面倒だけど
普通の携帯のボタンのほうが早く打てる.
片手の親指だけを使った方が両手の親指より早い気がする.
片手の親指だけで操作できるノキアのE61のQwertyキーボードだったらいいかな.
http://www.nokia.co.jp/phones/e61/ap1.shtml
普通のキーボードが使えたらそれが一番いいけど.

なんでドコモはビジネス携帯しかだしてないんだろう・・・


コメント(1) 
東京→ボストン 2010年夏からはアメリカ、ボストンにて大学院生をやっています。MIT Media Lab Affective Computing Group所属。 大学生活や研究、ボストン生活、留学準備、旅行などについて記します。

キロクMIT大学院留学ブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。